日本を代表する味噌ラーメンの種類・有名店  ご当地ラーメン・味噌










味噌ラーメン(みそらーめん)は、ラーメンスープのたれとして味噌を使用した、日本のラーメン。

歴史
牛鍋屋など家畜の食肉を使用する料理では、臭みのある料理に味噌を使用して臭いを抑えていた(すき焼きを参照)。同様に、豚骨などでとった臭みのある出汁に味噌を入れて臭いを抑える事が可能である。
味噌ラーメンは、1961年に札幌の『味の三平』店主の大宮守人によって生み出されたと考えられている。それまでの北海道で主流であった豚骨醤油と異なる、豚骨スープに味噌を加えた味噌ラーメンを、1965年に東京と大阪の高島屋で開催された物産展にて実演販売したところ来場者の関心を集めた。その後、1967年にはホッコクが運営する「どさん子ラーメン」が全国にラーメン店のフランチャイズ展開を開始、1968年にはサンヨー食品がインスタントの味噌ラーメンである「サッポロ一番みそラーメン」の販売を開始するなど、フランチャイズとインスタントラーメンという流通形態が味噌ラーメンの全国的な知名度獲得を牽引し、これら一連の流れにより、味噌ラーメンは北海道のご当地ラーメンとして認識されるところとなった。
なお、客の要望で豚汁に茹でた麺を入れたという都市伝説は、『味の三平』の現店主によって否定されている。

調理方法
ダシは、豚骨や野菜などを使用して煮出して作る。中華鍋でモヤシなど野菜や肉(豚肉が多い)を炒め、味噌とダシを入れてさらに火を加える。味噌ラーメンの素や業務用みそラーメンスープ等の味噌ラーメンのタレを使用する場合もあるが、味噌ラーメン専門店では独自の味噌タレを使用する事が多い。
丼に茹でた麺を入れて、その後に上記のスープを合わせる。店によっては、その上にメンマ、チャーシューやねぎなどを載せる。
スープの具材として肉が使用されている店ではチャーシューをトッピングしない場合もある。トッピングとして、トウモロコシ・バターを使用する店も多い。
香辛料など味付け香り付けの為に、ラー油・唐辛子類・ニンニクなどを使用したり、客が自由に使用できるように用意されている場合も多い。
店舗によっては、醤油ラーメンのように丼にダシと味噌たれを入れて混ぜてから茹でた中華麺を入れる場合もある。
Wikipedia reference




日本全国の味噌ラーメン

北海道の有名ご当地ラーメン

札幌ラーメン(北海道札幌市)
地獄ラーメン(北海道北広島市)
東北の有名ご当地ラーメン

仙台ラーメン(宮城県仙台市)
赤湯ラーメン(山形県南陽市)
関東の有名ご当地ラーメン

中部の有名ご当地ラーメン

新潟濃厚味噌ラーメン(新潟県新潟市)
入善ブラウンラーメン(富山県入善町)
近畿の有名ご当地ラーメン

中国の有名ご当地ラーメン

四国の有名ご当地ラーメン



九州の有名ご当地ラーメン

鹿児島ラーメン(鹿児島県鹿児島市)









2015 Kind of Japan ramen. Official Web Site